税理士が必要な場面

公園内の道

関西で一番大きな都市にあるプロサッカーチームといえば、ガンバ大阪とセレッソ大阪である。
ガンバ大阪はJリーグができてからある加盟しており、オリジナル10の一つであるチームである。
オリジナル10とは、Jリーグの初年度に加盟していたチームをさし、その他には当時の呼称で「鹿島アントラーズ」「ジェフユナイテッド市原」「浦和レッドダイヤモンズ」「ヴェルディ川崎」「横浜マリノス」「横浜フリューゲルス」「清水エスパルス」「名古屋グランパスエイト」「サンフレッチェ広島」がある。
これらそうそうたる顔ぶれのチームのなかで、名門で通っている。
Jリーグ創世期にはJリーグのお荷物とも言われていたチームであるが、徐々に成長してきて、今日までいたっている。

ガンバ大阪は吹田市周辺をホームタウンとしている。
ガンバはイタリア語で「脚」を意味している。
ガンバは、創生期には勝利することがなかなかできず、リーグで下位に甘んじていた。
それでもユースの年代に力をいれ、育成を重要視し、その年代が力をつけてレギュラーを取るようになって、今ではリーグを代表するチームまでのし上がってきたのである。
それには西野監督の影響強いのだが、攻撃的なサッカーを貫き通してきていることんいある。
強力な外国人スケットをフォワードとして使い、それらをコントロールする中盤には日本を代表するプレーヤーの遠藤を置いている。
点を取られても取り返すサッカーは見ていて楽しいものである。
そんなチームが近年ではJ2という下位リーグに落ち、そこから這い上がってJ1に昇格し、その年にJ1優勝まで成し遂げた。
これらの成果はすべて、一からチームの方向性を導いてきたフロントの力によるものも大きい。
これからどのようなチームにしていくのかも、フロント次第である。